準備していないと命取り!長期保存用の水の重要性を徹底解説


 📝目次
 1.長期保存用の水を準備していないとどうなる?
 2.長期保存用の水ってどれくらい準備しておけばいいの?
 3.長期保存用の水ってどうやって準備すればいい?
 4.長期保存用の水を買うなら【5年長期保存用 山梨の天然水】がおすすめ!
 5.まとめ


・地震

・台風

・津波

このような自然災害は、人間がコントロールできるものではありませんし、いつ襲い掛かってくるかもわかりません。

もしかしたら、このような自然災害が襲い掛かってくる日が、刻々と近づいているかもしれません。

そこで1つお聞きしたいことがあります。

それは、

「長期保存用の水を用意していますか?」

ということです。

この記事では、緊急時の水がどれほど大切かということについて、詳しく解説していきます。

長期保存用の水を準備していないとどうなる?

では、仮に長期保存用の水を用意していない状態で、自然災害が起こってしまうとどうなるかということについて、詳しく見ていきましょう。

■トイレが使えない

まずはトイレが使えなくなります。

地震や津波などで、断水状態になってしまうと、トイレを流すことができませんから、人間の自然原理でもある、「排泄」ができなくなってしまうのです。

お風呂に入れない

断水状態になると、当然水も出ませんし、ガスも使えなくなることが多いです。

つまり、お風呂に入れないということです。

1日や2日であれば我慢できるかもしれませんが、洪水などで外に出られなくなってしまった場合は、3日以上家の中に閉じ込められてしまう可能性があるのです。

キッチンの水道が使えない

水が出ないということは、当然蛇口からも水が出ない状態になってしまっています。

今まで、何日間も水が使えないという状態を経験したことがなく、蛇口をひねれば当たり前に水が出てくると思っている人は多いです。

ただ、水が使えないということは、洗い物もできませんし、飲み水を出すこともできなくなってしまうのです。

 

長期保存用の水ってどれくらい準備しておけばいいの?

このようなことから、万が一に備えて保存用の水を用意しておくことが大切です。

どれくらいの水を用意しておけばいいのかと疑問に思う人がいるかもしれませんが、1日1人当たり3リットルの水を最低3日分、できれば7日分用意しておくことが望ましいです。要配慮者(乳幼児、高齢者、慢性疾患・食物アレルギーの方など)なら2週間分です。

例えば、4人家族であれば、

・3リットル×4人=12リットル

・12リットル×3日=36リットルとなり、

36リットルの水があれば、最低限の飲み水を確保できると言えます。

 

長期保存用の水ってどうやって準備すればいい?

ここまでの解説を見て、長期保存用の水を用意しておくべき理由については理解ができたと思います。

ただ、

「どうやって用意すればいいの?」

と思った人もいるでしょう。

では、長期保存用の水を用意する方法を、おすすめレベル順に解説していきます。

おすすめ度☆:水道水をポリタンクに入れて貯蓄

まずは、ポリタンクを用意し、その中に水道水を貯めておくという方法です。

この方法であれば、すぐに非常用の水を用意しておくことができるでしょう。

ただ、基本的に水道水というのは、すぐに使わなければなりません。

なぜなら、水道水を出し、それを保存しておくと細菌などが混ざってしまう事があるからです。

また、ポリタンクなどをかさばる可能性がありますので、日常生活に支障が出てしまう事もあるでしょう。

おすすめ度☆☆:ローリングストック

続いてはローリングストックという方法です。

これは、貯蓄品を古い物から消費するという方法です。

例えば、ミネラルウォーターを2ケース買い、1ケースを消費し終わったら、次のケースを購入し、常にストックは2ケースにしておくという方法です。

そうすることで、万が一1ケースを使ってしまっていたとしても、1ケースは万が一のために保存しておくことができるのです。

おすすめ度☆☆☆:長期保存用の水を段ボールで購入

長期保存用の水を用意する方法として一番おすすめなのは、ミネラルウォーターを段ボールで購入しておくということです。

特に、長期保存を目的として作られた水を購入すれば、比較的長い間品質を保つことができるのです。

つまり、ローリングストックのサイクルを長くすることができるため、管理をするのが非常に楽になるということです。

 

長期保存用の水を買うなら【5年長期保存用 山梨の天然水】がおすすめ!

長期保存用の水を段ボールで購入しておきたいと思っているのであれば、

☛【5年長期保存用 山梨の天然水】☚

という商品がおすすめです。

では、この商品の具体的なおすすめポイントを詳しく見ていきましょう。

おすすめポイント1:安全

まずは安全と言うことです。

今水は、超高温殺菌が施されていて、第三者機関で再度水質を検査しています。

このようなことから、長期で保存しても安心、安全に飲むことができるのです。

おすすめポイント2:高規格段ボール使用

この商品が入っている段ボールには、ある特徴があります。

それは、持ち手がないということです。

これは、虫やゴミなどの侵入を防ぐという意味があります。

つまり、長期間安心して保存しておくことができるということです。

おすすめポイント3:公共機関、企業から選ばれている!

このミネラルウォーターは、

・学校

・市役所

・福祉介護施設

・自治体

などからも選ばれています。

実績がない所から水を買うのは、少し不安が残りますよね。

しかし、このような公的機関や企業から選ばれていれば、安心して購入ができるでしょう。

 

まとめ

長期保存用の水を用意しておくというのは、自分や家族の命を守るためにも大切です。

これがないと、万が一家の中に取り残されてしまった時に、命の危険を感じてしまうでしょう。

そのため、まだ用意ができていないという人は、今回紹介した水を購入して、万が一に備えておくことをおすすめします。

 

 

災害時に備えた食品ストックガイドの概要版

イベントでの配布や身近な方へのご案内などに、ぜひご使用ください。(出典:農林水産省Webサイト)

災害時に備えた食品ストックガイド

備蓄に適した食品の選び方、ローリングストック法等による日頃の活用方法、災害時に役立つ簡単レシピなどの実践的な内容を取りまとめた「災害時に備えた食品ストックガイド」を公開しています。(出典:農林水産省Webサイト)

食品備蓄のポイント
(ガイド抜粋)

❶食品の家庭備蓄のすすめ
❷簡単!「ローリングストック」
❸備蓄食品の選び方
❹昔ながらの保存食を見直そう
❺命をつなぎ止める水



❻いろいろな非常食で楽しく備蓄
❼熱源を確保しよう
❽あると便利な備品類
❾備蓄食品の収納テクニック
❿災害時の簡単レシピ

[PDF 6,873KB]

要配慮者のための災害時に備えた食品ストックガイド

乳幼児、高齢者、慢性疾患・食物アレルギーの方などに向けて、家庭備蓄を行う際に必要な情報、災害時における食事の注意点などをとりまとめた「要配慮者のための災害時に備えた食品ストックガイド」を公開しています。(出典:農林水産省Webサイト)

要配慮者のための備えのポイント(ガイド抜粋)
❶災害への備えの重要性
❷食品備蓄のポイント
❸災害時の食生活の注意点
❹食べやすくする工夫
❺パッキングの方法と調理バリエーション


❻乳幼児の備え
❼高齢者の備え
❽食べる機能が弱い方の備え
❾慢性疾患の方の備え
❿食物アレルギーの方への備え
⓫災害時、食事や栄養のことで
 困った時には・・・?

[PDF 8,170KB]

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。